メニュー

内科診療 | ラポール動物病院

  • TEL:078-822-3770
  • 診療時間
  • アクセス
  • 駐車場5台有

ラポール動物病院

TEL:078-822-3770

内科診療

内科診療

内科診療

当院では、ワンちゃんネコちゃんを対象に様々な病気の診断および治療を行っています。
 “Cats are not small dogs(ネコちゃんは小さなワンちゃんではない)”といわれるように、ワンちゃんとネコちゃんでは、同じ病気にかかっても病態生理や治療法が異なる疾患がしばしば認められます。そのため、それぞれの生理学的特徴を理解した上で、幅広い知識を駆使し、身体検査や問診などを元に総合的にアプローチして、幅広い獣医療をご提供することを目標としています。

内科診療

治療例

内分泌疾患の治療

  • 糖尿病におけるインスリン治療
  • クッシング
  • アジソン病
  • 甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症

抗癌剤治療

  • 多中心型リンパ腫の抗癌剤治療

  • 鼻腔内腺癌の抗癌剤治療(大阪府立病院での放射線治療との組み合わせ)

  • 扁桃扁平上皮癌の抗癌剤治療(大阪府立大学での放射線治療との組み合わせ)

  • 脾臓血管肉腫の切除後の抗癌剤治療

  • 皮膚肥満細胞腫摘出後の抗癌剤治療

免疫抑制治療

  • MRIにてGMEと診断された後の免疫抑制療法
  • 免疫介在性血小板減少症と診断後の免疫抑制療法
  • 免疫介在性溶血性貧血と診断後の免疫療法

輸血療法

重度の貧血や手術中に出血が予想される例などでは、他のワンちゃんやネコちゃんから供血をいただき、クロスマッチ検査を行った後、血液が適合すれば輸血療法を行っています。

腹膜透析

腹膜透析は、腹腔内に透析液を注入し、濃度勾配を利用して血液(体液)中の老廃物を透析液に移行させることにより、血液を浄化する治療法です。急性腎不全や薬物中毒、電解質異常のときに適応となります。
*慢性腎不全の患者さんでは適応となりません。

長所
  • 血液透析に比べ、血行動態への影響が少ない(不均衡症候群の発生が少ない)
  • 中~大分子量の物質の除去に有利
  • サイトカインなどの誘導が少ない
  • 血管アクセスの確保が必要ない
短所
  • 血液透析に比べ、透析効率が悪く、時間がかかる
  • デバイス(腹腔内チューブ)装着に麻酔が必要である
  • デバイス装着部位あるいは腹腔内の感染
  • アルブミンの喪失
  • 手技の煩雑さ(デバイス装着、透析液の交換)
ケース:11歳10ヶ月、去勢済みの男の子、ネコちゃん

昨夜から排尿がなく、嘔吐があるとのことで来院されました。一般身体検査では、膀胱内に貯尿はなく、血液検査では腎臓の数値が著しく上昇していました。急性腎不全を疑い、入院治療となりました。まず、尿道内カテーテルを挿入し輸液療法と利尿剤投与を行いましたが、排尿は見られず、腎臓の数値も悪化していきました。おしっこが出ないので、体はむくみ、尿毒症による口内炎のため、よだれが出ている状態でした。ご家族とご相談の上、麻酔のリスクはありますが、腹腔内チューブを設置し、腹膜透析を行うことにしました。また、麻酔中に食道チューブの設置も行いました。腹膜透析は腹腔内チューブを介してお腹の中に透析液を注入し、2時間毎に回収しては新しい透析液を注入します。開始2日目に少量の排尿が見られるようになり、その後徐々に尿の生産が増えていき、腎臓の数値も低下していきました。透析開始6日目には腎臓の数値も低下し、排尿も見られるようになったため、腹腔チューブを抜去しました。その後も輸液療法を続けたところ、大量の排尿が見られたため、入院16日目に退院することが出来ました。退院後、しばらくは口内炎等で自力ではご飯が食べれないため、腎臓病用の流動食を食道チューブから入れていただいていましたが、退院3週間後には、口から元通り食べられるようになったため、食道チューブも抜去しました。

※スワイプでご覧ください →→→

項目(正常値)来院時透析前透析2日目透析4日目透析6日目退院時
BUN (17.6-32.8)>140.0>140.0>140.088.237.024.0
CRE (0.8-1.6)16.223.212.64.01.81.3
P (2.6-6.0)9.0>15.011.05.64.13.4
Na (147-156)148146152150150150
K (3.4-4.6)7.96.03.02.72.53.2
Cl (107-120)104107109109106107

腹膜透析

麻酔下で腹腔内に透析用のチューブを挿入しています。

腹膜透析

透析用チューブが入ったところです。チューブは2本入れてあります。

 

抗癌剤治療

近年、動物の高齢化に伴い、悪性腫瘍の患者さんも増えています。悪性腫瘍の治療にはヒトの医療と同様に、外科手術・抗癌剤治療・放射線治療の3つが中心となります。中でも全身性にできる白血病やリンパ腫などは抗癌剤治療が第一選択となります。また、一部の腫瘍では外科的に摘出した後に再発・転移を予防する目的で抗癌剤を補助的に使用することがあります。抗癌剤の治療の目的は生活の質“Quality of Life:(QOL)”を向上させ、一日でも長くご家族と過ごせるようにすることです。

抗癌剤の効果

腫瘍の種類によって抗癌剤が効きやすいものとそうでないものとがあります。例えば犬の多中心型リンパ腫では無治療であれば生存期間が約1~2か月とされるのに対して、抗癌剤治療を行うことによって、余命が平均約1年に延び、抗癌剤を使用した20~25%では余命が2年以上に延長すると報告されています。また、犬の血管肉腫の場合、手術のみの場合、余命は2か月程ですが、手術と抗癌剤を組み合わせることにより余命を平均約6か月にすることが可能といわれています。ただ、ヒト医療に比較して、動物の抗癌剤治療はまだまだ歴史が浅く、大規模な研究論文がなく、少数例を対象にした症例報告を元に抗癌剤の選択を行わなければならない場合もあります。そういった場合、抗癌剤によるメリット、デメリットをよく考えた上で治療を選択する必要があります。

抗癌剤の副作用

ヒト医療の場合、腫瘍の根治を目指すことが多いため、抗癌剤の投与量も多く副作用も強く出ることが多いですが、動物の抗癌剤治療の目的は、生活の質(QOL)の向上が最も重要になるため、ヒトで用いられる抗癌剤の量とは全く異なります。そのため、一般的に副作用はそれほど強くありません。最もよくみられる副作用が、消化器毒性(食欲の低下・下痢・嘔吐)と骨髄抑制(白血球減少・貧血・血小板減少)です。ヒトの抗癌剤治療でみられるような、ひどい吐き気や脱毛の症状はほとんど認められません。しかし、副作用が全くない訳ではなく、個体差もあります。一般的には、80~90%で副作用は出ず、10~20%で軽度の副作用が認められ、入院を要するような重度の副作用が出る確率は5%程度といわれています。また、1%以下ですが抗癌剤投与により死に至る副作用も報告されています。

抗癌剤の投与期間

抗癌剤の投与期間や回数は、腫瘍の種類によって異なります。病院で毎週1回の投与が必要なものや、3週間に1回投与のもの、自宅で1週間に3回お薬を飲ませるものもあります。病院での投与が必要な場合、治療日当日の午前中に連れてきていただき、身体検査や血液検査などを行った後、抗癌剤の投与を行い、夕方5時~7時位にお迎えに来ていただきます。抗癌剤の投与には注射で行うものや点滴で2時間ほどかけて行うものなど抗癌剤の種類によって異なります。

抗癌剤の費用

抗癌剤の費用は使用する薬剤の種類や体重などによって大きく異なります。詳しくは当院獣医師にご相談ください。

抗癌剤治療中の注意点

抗癌剤投与後48時間以内の尿・便・吐物には、抗癌剤の成分が排泄されています。そのため、抗癌剤投与後48時間は必ず手袋を着用し、排泄物を絶対に手で触らないようにしてください。特に妊娠中の方やお子様がいらっしゃる家庭では、近づかせないように十分気を付けてください。

ケース:リンパ腫のネコちゃん

抗癌剤治療

抗癌剤治療前
(組織生検を行うために毛刈りを行っています)

抗癌剤治療

抗癌剤治療後

抗癌剤治療

抗癌剤治療風景

輸血療法

近年、動物医療の進歩に伴い、ヒト医療と同様に輸血が必要な状況に度々遭遇します。輸血は、助かる可能性のある小さな命を救うためになくてはならないものです。当院では、大きな手術や重症患者の治療に輸血を実施しています。安全な輸血療法を実施するためには、受血動物に適合する血液を準備しなければなりません。
当院では受血動物と供血動物の血液の交差適合試験を行い、安全に輸血が行えるように努めております。
(当院では常に血液をストックしている訳ではありません。輸血が必要と判断された際にボランティアのワンちゃんから血液をその都度いただいています)
当院では、小さな命をつなぐため、大型犬の供血ボランティアを募集しています。ご興味のある方はご連絡ください。

輸血療法

献血ボランティア犬からの採血

輸血療法

交差適合試験

輸血療法

輸血中

内視鏡検査

視鏡検査は、全身麻酔下において食道・胃・十二指腸または、大腸内を観察し、腫瘍やポリープ、異物などがないか確認します。また、嘔吐や下痢などの症状が続いている場合には、胃や腸の一部を採取し、病理検査が必要になります。

動物の内視鏡検査には麻酔が必要になります。また、内視鏡で確認可能な領域は十二指腸から空腸の一部までです。大部分の空腸と回腸まではスコープは届きませんので、その領域に病変が疑われる場合には開腹による組織生検が必要になります。

内視鏡検査

輸血療法

 

当院で可能な検査

消化器

  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • バリウム検査
  • 消化管生検
  • 糞便検査

呼吸器

  • レントゲン検査
  • 気管支洗浄検査
  • 培養感受性検査

心臓・循環器

  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 心電図検査
  • NT pro-BNP
  • ANP

泌尿器

  • 各種尿検査
  • 造影検査(排泄性、逆行性)
  • 超音波検査
  • 結石分析

生殖器

  • 超音波検査
  • 膣スメア検査

造血器

  • 血液塗抹検査
  • 血液生化学検査
  • 骨髄検査
  • 凝固検査
  • 血液型検査

肝・胆・膵系

  • 総胆汁酸検査
  • 肝生検
  • 膵特異的リパーゼ測定
  • 超音波検査

内分泌

  • 各種ホルモン検査(ACTH-ST, T4, fT4 etc)

耳鼻科疾患

  • 耳鏡検査
  • 耳垢検査
  • 耳道内腫瘤切除生検
  • 鼻腔内コア生検

腫瘍

  • 細胞診検査
  • 生検(切除生検、true-cut生検、楔生検)

整形外科

  • 股関節
  • 脛骨前方引き出し試験

寄生虫感染

  • フィラリア検査
  • 糞便検査

皮膚検査

  • 毛抜き検査
  • 皮膚搔把検査
  • セロテープ検査
  • 真菌検査
  • アレルギー検査

感染症

  • FIV・FeLV検査
  • ワクチン抗体価検査

眼科

  • 眼圧測定
  • 細隙灯検査
  • 涙液検査
  • 角膜染色
  • 眼底検査

神経

  • 脳神経検査

主なご紹介病院

CT・MRI検査や放射線治療など専門性の高い施設での加療が必要と判断された場合には、他の施設と連携して診療を行っております。

ネオベッツVRセンター
:CT検査・MRI検査

vr

過去の紹介例:
脳脊髄炎の診断のためのMRI検査
門脈体循環シャント診断のためのCT検査

どうぶつ眼科専門クリニック(辻田先生)
:眼科手術、検査

animaleye

過去の紹介例:
白内障手術

大阪府立大学動物医療センター
:放射線治療

osakauniversity

過去の紹介例:
鼻腔内腺癌における放射線治療
扁桃扁平上皮癌における放射線治療

ターミナルケア

動物達の寿命は我々ヒトと比べて短く、悲しいことですがいつか旅立ちを見送らなければならない日がきます。その日を迎えるにあたって、苦しむことなく楽に送り出してあげれればと誰しもが思います。しかし、病気の種類によっては耐え難い苦痛を伴うものもあります。そうした“終末期”に、ご家族はなにをしてあげればいいのだろうと悩まれることと思います。私たちは、そうした苦痛を少しでも緩和しながら、できるだけ生活の質(QOL)を保ちご家族のもとで最期を迎えられるようにお手伝いさせていただきます。

ターミナルケアは主にご自宅で獣医師の指示のもと、鎮痛治療を行うと共に、寝たきりの子に関しては体位変換を行い、床ずれの防止しや、排便や排尿などのお世話をして頂きます。また、ご飯が食べれない子に関しては、定期的に点滴治療を行い、精神的・肉体的苦痛の除去に努めます。

*ターミナルケアは当院で治療されてきた患者様のみとさせていただきます。他院で治療され、ターミナルケアのみ当院ご希望の場合は治療経過などが不明なためお断りさせていただいております。

Copyright © ラポール動物病院 All Rights Reserved. login